福島県 10か所

より大きな地図で 福島県湧水 を表示
  会津若松市
 @ 白虎清水
    福島県会津若松市一箕町八幡字弁天下甲1405 厳島神社
   白虎隊士の墓が並ぶ飯盛山。 墓所から左へ行くと国重要文化財の旧正宗寺三匝堂(会津さざえ堂)が
   建っています。 さざえ堂からさらに左へ坂を下ると厳島神社があります。 このさざえ堂から厳島神社へ
   の坂道の途中右側に水場があります。
   戦に破れた白虎隊がこの地に逃げ延びてきた時に喉を潤した水で、「白虎清水」と名付けられました。
   現在は「慈母子育観音」を祀った祠が建てられており、その背面の壁面から流れ落ちる清水です。
 2011年08月30日訪問

 水量 
 A 鶴乃江酒造の仕込水
    福島県会津若松市七日町2−46
   国道252号線を中心部から七日町駅方面へ向かうと左側に銘酒「会津中将」で有名な「鶴乃江酒造」が
   あります。
   店入口の左側に大きな釜が置かれていて、その脇の竹筒から水が流れ出ています。 流れは細いです
   が、冷たい水でした。
 2011年08月30日訪問

 水量 
 B 闇川橋の清水
    福島県会津若松市大戸町上三寄大豆田
   国道118号線を南へ向かいます。 芦ノ牧温泉駅を過ぎてから2つ目の信号を斜め右の細い道へ入って
   行きます。 国道118号線の下をくぐり、阿賀川の左側、会津鉄道線に沿って走る道です。 200mほど
   走ると大きな橋が見えてきます。 闇川橋です。 橋の手前左側に正泥窯工房が建っておりその脇の空
   き地に水場があります。
   水場の脇の電柱には「休んでいかんしょ」と書かれた手作りの看板が立っています。 正泥窯工房の方
   が手入れしているのでしょうか。 流しの上のビニールパイプから勢い良く水が流 れ出ています。 冷た
   くて美味しい水です。
 2011年08月30日訪問

 水量 
 C 上小塩湧水
    福島県会津若松市大戸町上小塩
   闇川橋を渡り200mほど行くと右側に「会津若松市水道部上小塩増圧ポンプ場」があります。 ポンプ場
   の道路を挟んで反対側に半分ほど草に埋もれたコンクリート製の枡があります。 かなり苔むした古くか
   らある枡のようです。
   枡の左側に1か所穴が開いておりここから大量の水が流れ出しています。 通りがかりの人の飲料水に
   なっているのでしょうか? 枡の上には誰でも飲めるようにコップが用意されています。 水をいただこうと
   コップを近づけると、溢れるほどの勢いでした。 冷たい美味しい水です。
 2011年08月30日訪問


 水量 
  下郷町
 D 大内宿三澤屋の深井戸
    福島県南会津郡下郷町大内字山本26−1
   大内宿にある高遠そばで有名な「三澤屋」。 三澤屋で出されるそばは敷地内にある深井戸から汲み上
   げた地下水でうっているとのこと。 同じ敷地内にある只浦酒店で販売されている銘酒「雪中百花、大内
   宿」もこの地下水を仕込水として花春酒造で造られています。
   この井戸は、三澤屋と只浦酒店の間の中庭に湧いていました。 コンクリートの枡の中にはパイプから大
   量の水が湧き出ていました。
 2011年08月30日訪問

 水量 
 E 長寿の水
    福島県南会津郡下郷町栄富字高倉原
   会津鉄道線会津下郷駅前を国道121号線から県道131号線(日光街道)に左折します。 そのまま道
   なりに走り、中山峠大内宿方面へ。 県道346号線との分岐から2kmほど走ると右カーブの左側に水場
   があります。
   とてもきれいに整備された水場で、奥は広い公園のようになっています。 「長寿の水」は中山峠の西に
   ある高倉山(1307.5m)が蓄えた地下から湧き出る水です。 石鉢の上のパイプには3か所の穴が開
   けてあり、パイプの先端と合わせ計4か所から水を汲めるようになっています。 ビックリするくらい冷たい
   とても美味しい水でした。
 2011年08月30日訪問

 水量 
  昭和村
 F 白森清水
    福島県大沼郡昭和村両原
   会津鉄道線会津田島駅から国道400号線を北へ向かいます。 田島ダムを過ぎ、積入山トンネルを抜
   けると下郷町です。 そして、舟鼻トンネルを抜けると昭和村に入ります。 民家のまったく見えない山の
   中の道を走っていると、緩い左カーブの右側に案内板が出てきます。 「白森清水」です。 道路の側壁
   の凹みに作られた水場で、壁の穴から水が流れ出ています。 かろうじて車を停めることはできますが、
   細い道路なので長時間の駐車はキツいです。 冷たくて美味しい水でした。
 2013年06月12日訪問

 水量 
 G 天狗の冷泉
    福島県大沼郡昭和村大芦
   昭和村役場から南下し、国道401号線を会津南郷方面へ向かいます。 奥会津昭和の森を過ぎてしば
   らく走ると広かった道が急に車1台分の狭い道に変わります。 ここの左側に案内板が立っています。
   岩の下にできた穴の天井から水が流れ落ちています。 この水が小さな流れを作って道路側に流れ出し
   ています。 とても冷たい水なのですが、流れ落ちる量があまりにも少なすぎて水汲みは無理です。
   300年ほど前、奥会津の豪族が天狗山山頂に館を築き、伊達正宗軍と戦い、この冷泉のおかげで連勝
   したことから「神泉」と称されるようになったと伝えられています。
 2013年06月12日訪問

 水量 
  南会津町
 H 嗽清水
    福島県南会津郡南会津町田島根古屋 鴫山城跡
   会津鉄道線会津田島駅から南西方向へ。 国道121号線を越え暁星幼稚園の奥に鴫山城跡がありま
   す。 鴫山城は、標高750mの愛宕山北辺部に築かれた典型的な山城で、城跡の保存状態が良好な
   ことから福島県史跡に指定されています。 幼稚園の先に赤い鳥居が建っており、ここから山の中へ入
   って行くと2分ほどで大門跡へたどり着きます。 そこからさらに3分ほど歩くと、上千畳東端に嗽清水が
   見えてきます。 鴫山城の生命線の「水の手曲輪」 です。
   小さな小屋が建っており、小屋の中に石段があります。 その先が四角い升になっており、ビニールパイ
   プから水が流れ落ちています。 手が届きにくく水汲みには道中も含め不向きな場所です。
 2013年06月12日訪問

 水量 
  只見町
 I 三石清水
    福島県南会津郡只見町只見
   只見線只見駅の西方400mほどの所に「三石神社」があります。 252号線から只見線を渡ると神社
   の入口に車を停めるスペースがあります。 赤い鳥居をくぐって山道を登って行きます。 杉の木立の間
   の登山道を5分ほど登って行くと、登山道の右側、木の陰の場所に水場があります。
   石で造られた樋から升へ冷たい水が流れ落ちていました。
   三石神社は縁結びの神、女一代の守り神として知られています。 山道を登って来たり参拝者が、一服
   喉を潤す「みそぎの水」として昔から枯れたことのない銘水です。
 2013年06月13日訪問

 水量